オープンハウス内覧受付中!鉄骨住宅LOFT-I.D


by loft-id
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:鉄骨住宅への道( 38 )

デザイン VS デザイン!

今回、新築のIGUANAVOICE INC. : 鉄骨住宅及びその内覧エキシビション「まったく見たことのない家を見にいこう!」も兼ね、国内外からデザイナーブランドやインダストリアルデザインの逸品を取り扱うショップやバイヤーにオーダーし、鉄骨住宅に合うインテリア、家具や什器他を多数集めてきた。画像、ステンレスのBOXもそのひとつ。両面に緊急非常扉の取手がインパクト大の観音開きのオーダー品のBOXは、収納には最適だが加工は結構大変そう。さて、どう使おうか? まずはきれいにカットするための電動工具の特殊な「刃」の手配から。
c0243212_1392440.jpg

前回、「無骨だからこそ繊細な感覚が要求される」と書いたが、またその逆も真実。新築の住宅は文字通り全てが真新しい。それはそれで、とても気持ちの良いもの。だが、そうは問屋が卸さないのが、IGUANAVOICE INC. : イグアナボイスの鉄骨住宅 LOFT-I.D。「もう少し遊んでもいいのでは?」と、建物が問いかけてくる。
c0243212_1385771.jpg

鉄骨住宅はデザインの許容範囲が広く、年式や様式、素材やサイズ感などに左右されない圧倒的な「潜在的構造美」があると信じている。だから、こちらも負けられない! デザイン VS デザイン!
c0243212_1383691.jpg

実際、鉄骨の裁断処理や補強、BOXの納まりは、結構、ム、ム、ム。仕上りは、計算したようにピッタリ。ウーン、マンダム!
c0243212_139774.jpg

[PR]
by loft-id | 2012-11-24 16:38 | 鉄骨住宅への道
無骨だからこそ繊細な感覚が要求される鉄骨住宅。収納家具の製作では、鉄骨構造や迫力のシステムキッチンとのバランスを考慮し、染色塗装を施し浮き上がる「木目」を活かしたデザインを選択。木目は「縦使い・横使い」のどちらかで印象が大きく左右されるので、狙ったデザインに添って使い分けている。
c0243212_19352081.jpg

現在新築中のIGUANAVOICE INC. の鉄骨住宅は、鉄骨、タイル、ガラスブロック、ヘリンボーン無垢床、スタッコ壁など、モダン・プラス・インダストリアルデザインの要素も高く、よって木目は「横使い」とし、少しミッドセンチュリーな空間の演出を狙いデザインバランスを調える。
画像は塗装前の収納家具。連続するようにきれいに整った「木目」に、染色塗装後の仕上りがとても愉しみとなる。
c0243212_1935362.jpg

[PR]
by loft-id | 2012-11-20 19:42 | 鉄骨住宅への道

目地はメジカラ!

内装の仕上げ工事が続くIGUANAVOICE INC. : イグアナボイス鉄骨住宅LOFT-I.D「葉山Y 邸」の現場。バスルームの造作工事ではタイルの色や質感、パターンや組合わせなどのデザインも決まり、最後の目地入れの段階に。
c0243212_12111549.jpg

「タイルの目地を何色にするのか?」毎回、本当に悩む。メンテナンスの件や採光による見え方、パターンや上下左右のバランスなどなど。今回の新築現場のバスルームでは、同じ白でも「ツヤありとツヤなし」の2種類の同形のタイルをランダムに配置。採光や水滴によって表情の微妙な変化が楽しめるシカケに。
c0243212_12113148.jpg

ガラスブロックに加えブラックとブラウンのマットなタイルもアクセントとして使用。さて、目地は? 白、黒、墨色、ダークブルー、ブラウン、etc...。廻り回って白。目地が入るとタイルは本当に変る! タイルは目地でキマル! 文字通り、目地はメジカラ!
c0243212_12105635.jpg

[PR]
by loft-id | 2012-11-17 14:51 | 鉄骨住宅への道
急ピッチで新築工事が続く、イグアナボイス鉄骨住宅LOFT-I.D「葉山Y 邸」の現場。とは云っても仕上げ段階でもあり、どの工程も手のかかる作業ばかり。鉄骨の構造工事が「彫刻」だとすると、内装工事は「絵画」を描くような感じ。どちらも大切なのは地道で丁寧な作業、そしてデザイン!
c0243212_12233387.jpg

バスルームは防水下地と配管設備工事が終わりタイル施工に。
c0243212_1322518.jpg

タイル施工は、それこそ無限にパターンがあり「悩みドコロは腕の見せドコロ」。タイルは同じモノでも貼りパターンや目地の色でまったく違う表情となり、その変化を楽しむマテリアル。しかし、デザインの選択となると話は別。本来の用途であるバスルームでの使用を最優先に、メンテナンスを含む様々なパターンデザインをスタッフや職人さん達と話ながら進めて行く。タイル施工は、パズルのようで難解だけに出来映えが愉しみな作業。
c0243212_1323552.jpg

[PR]
by loft-id | 2012-11-13 12:23 | 鉄骨住宅への道

ガラスブロック

「ガラスブロック」は色や形も多様で古くから人気のマテリアル。
IGUANAVOICE INC. : イグアナボイスでは鉄骨材やコンクリートブロックなど、少しノスタルジックでヴィンテージ感のある「古くから使用されている建材」をデザインに積極的に組み合わせることを得意としてきた。特にバスルーム、サニタリースペースやキッチン、そしてリビングにも積極的に。
c0243212_18445965.jpg

「ガラスブロック」は空間を広く、明るく、ラグジュアリーな空間の演出には欠かせないマテリアル。現在、新築中の鉄骨住宅ではバスルームの演出に一役。いろいろな組合わせが楽しめる「ガラスブロック」は、新築はもちろん、リフォームやリノベーションでも絶大なる効果を発揮する頼りになるマテリアルとしてデザインの幅を広げてくれる。
c0243212_16372264.jpg

[PR]
by loft-id | 2012-11-11 17:16 | 鉄骨住宅への道

TOYO KITCHEN / ISOLA

現在、新築中のIGUANAVOICE INC. : イグアナボイス鉄骨住宅 LOFT-I.D 「葉山 Y 邸」のキッチンは、「キッチンに住む」をキーワードに多彩なラインと、「moooi」他ハイエンドなインテリアに至る、革新的なブランド展開を続ける TOYO KITCHEN の[ ISOLA ]を選択。とにかくデカイ!とにかくオモイ!とにかくタノシミ! 
c0243212_17121159.jpg

[PR]
by loft-id | 2012-11-09 17:17 | 鉄骨住宅への道
最新のユニットバスはバリエーションにも富み、これがユニット?と思わず一言漏れそうなラグジュアリーな商品も国内外問わず数多く発表されている。しかし、それなりにデザインされたものは高価なものとなり、一般的には中々、というのが現実。
現在、新築中のIGUANAVOICE INC. : 鉄骨住宅 LOFT-I.D「葉山Y邸」のバスルームはユニットから一転、造作に変更。せっかくの造作バスルーム、「オリジナル&ラグジュアリーな空間」をキーワードに新規に設計。マテリアルの多様がデザインの幅を広げるものと考え施工に着手する。
c0243212_19131838.jpg

実際にはこれまた大変で、異色、異形、異素材のマテリアルの組合わせは難易度大の職人泣かせ。「Luxury!も楽じぁない!」
まずは下地の防水処理。これが、とにかく大事。しっかりとした下地あっての Luxury!
どんなに高級なタイルでも下地の仕上り次第では駄作に。地道ながら丁寧な作業が進む。
c0243212_19133255.jpg

地盤改良から始まり鉄骨構造は勿論、床のヘリンボーンパターン施工、壁面のスタッコ仕上げ、今回着手したバスルームの造作、その他「建築」のすべてに至るは、多くの職人さん達の地道で丁寧な作業の連続に支えられていると改めて実感!これこそ、Luxury!
c0243212_19135364.jpg

[PR]
by loft-id | 2012-11-06 18:56 | 鉄骨住宅への道

Kelly Hoppen

Modern & Luxury のライフスタイルを提案する[ Kelly Hoppen : ケリー・ホッペン ]のデザインは、「魅せる上質」と「使う上質」のバランスが絶妙でマテリアルの選択に至る、学ぶ点、多々アリ!Kelly女史共々、とっても Luxury!
c0243212_165632.jpg

家の中でバスルームはキッチンと同等、もしくはそれ以上に大切な場所。心身を癒しリフレッシュするバスルームに「上質」を求めるのは皆同じ。しかし、限られた面積や予算の中で「ラグジュアリーな空間」を求めるのは夢のまた夢と諦めるケースも現実。
現在、新築中のIGUANAVOICE INC. : イグアナボイスの鉄骨住宅 LOFT-I.D「葉山 Y 邸」でも、当初はユニットバスの選択もありましたが最終的には造作に。造作に伴い参考としたのが、[ Kelly Hoppen ]のデザイン・スタイル。広い面積や高級マテリアル仕様でなくとも「上質な空間」を造り出すことは可能であり、予算内でのラグジュアリーな演出とデザインを基にバスルームの施工に着手。
[PR]
by loft-id | 2012-11-05 19:06 | 鉄骨住宅への道
床のフローリング、オーク材のヘリンボーンパターン施工の続き。前回も述べたが、本当にヘリンボーンパターンは職人泣かせでもあり腕の見せ所でもある。施工は進まず、進まず、一向に進まず、じっと手を見る。もとい、床を見る。
c0243212_1842386.jpg

進まないのだが個々のパーツがパズルのように、一つ、また一つと丁寧に組み込まれ、少しずつ面を成し、パターンが連続していく様は、亀や甲殻類の甲羅のようにも見え、とても硬化で密度の濃い床面となり、その仕上りは圧巻!
c0243212_18421361.jpg

手間ひまを掛けてやるだけの価値は十分にあるのでは。達成感満点! 
c0243212_18414653.jpg

大変、よく出来ました! 星、3つです!
c0243212_18415949.jpg

IGUANAVOICE INC. : 鉄骨住宅だからこそ、人の手の温もりが伝わる素材や施工のひと手間がとても大切。竣工まではしっかりと養生を。
c0243212_18405778.jpg

[PR]
by loft-id | 2012-10-26 19:38 | 鉄骨住宅への道
IGUANAVOICE INC. : 今回、床のフローリングは無垢オーク材のヘリンボーンパターンに。「ニシンの背骨の形」に似ているところから、ヘリンherring(ニシン)とbone(骨)。または「杉の葉の形」から、杉綾(すぎあや)といわれるが、どちらにしろ大変です。ヘリンボーンパターンは職人泣かせでもあり、腕の見せ所。手をかけた分、仕上りが違う。無垢のオーク + ヘリンボーンパターンは、意外にも鉄骨との相性がバツグン!仕上りに乞うご期待ください。ノックアート & fs が担当しています。
c0243212_19483231.jpg

c0243212_2044245.jpg

c0243212_205446.jpg

c0243212_2052568.jpg

[PR]
by loft-id | 2012-10-17 19:48 | 鉄骨住宅への道