オープンハウス内覧受付中!鉄骨住宅LOFT-I.D


by loft-id
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

基礎の基礎が大事だと今日何度も言っておきます vol.4

IGUANAVOICE INC. : 葉山Y邸ではビルトインガレージにて2台3台と駐車が想定されるため、基礎コンクリート打設時に「モノリシック工法」による「鉱物骨材配合散布型床仕上材」の施工を提案。コンクリート打設時に材料を散布し同時に施工する「モノリシック工法 」は、下地がまだ生乾きのうちに施工するため、硬化後は下地と一体化し一枚岩の強固な床を形成する有効な工法。ABC社カタログ参照「剥離がなく摩耗や衝撃に強い床は、同時に水や油に侵されない表面を形成し、厳しい使用条件の場所でも高い耐久性能を維持、発熱性試験20分加熱でも燃焼せず変形・溶解を生じない不燃性を保持する」とある。今回は、カラーバリエーションも豊富とあり、同社の「カラークリート」を採用。
c0243212_18264583.jpg

ホームセンターやショッピングモールなど広い面積の施工の際は、小型ヘリコプターを逆さにしたような「パワートロウェルディスク盤(機械ゴテ円盤)」の登場となるのだが、
c0243212_17505260.jpg

一般住宅の場合は、職人による手仕事が基本。これがカナリの重労働。トンボでならした後、スピードスケートのように腰をかがめ左右に手元を振り、コンクリートの乾燥の速度と用材の散布量を計算し均等に「シゴク」動作は、職人技が光る「プロフェッショナル仕事の流儀主題歌 ~ Progress~ 」の一場面。
c0243212_1552797.jpg

「カラークリート」、仕上りは上々の出来。
c0243212_15514712.jpg

しっかりと天日による自然乾燥後、養生シートも抜かり無く。竣工まできれいな状態を。
c0243212_15514865.jpg

[PR]
by loft-id | 2012-07-05 19:32 | 鉄骨住宅への道